スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
プラン作成・契約
2007 / 06 / 15 ( Fri )
T建築設計事務所にプラン作成をお願いして2週間後、2つのプランが出来上がっていました。
1つは玄関からLDKが繋がっていて、LDKには大きな掃きだし、LDKから寝室・トイレ・洗面へと繋がっているタイプ。玄関と掃きだしの前がポーチになっていて、スロープが通っています。
2つめは玄関が正面から奥に入った右側に付いていて、玄関を挟んで右に寝室・洗面・トイレ、左にLDKがあるタイプ。ダイニングの前にデッキがあり、リビングに吹き抜け。スロープは右に奥まった玄関から。
最初の要望では寝室かリビングからスロープでしたが、敷地の関係で難しく、玄関を段差無しのフラットにして、玄関からスロープを付ける事にしました。
2つめのデッキや吹き抜けは良いと思いましたが、敷地の奥に玄関があるのはどうかという事と、LDKと寝室は隣り合っている方が、子どもの介護が必要な我が家には良いと思い、1つめのプランを採用することに。そしてT建築設計事務所に正式に設計施工監理をお願いする事になりました。

今までハウスメーカーで建てる事しか考えていなかったのに、建築設計事務所に頼もうと思うようになった理由は、やはりコストの面が大きいです。私達が考えていた家をハウスメーカーで建てると、どうしても予算をオーバーしてしまいます。今でも予算はカツカツですが、分離発注する事で夢を形にする事が出来そうです。
そして建築家Tさんの人間性みたいなものも大きかったです。私の先入観を打ち破る、丁寧で柔和な人柄。『僕は分離発注で家を建てるのが好きなんです』と言われた言葉が印象的でした。
後は経験と実績。設計だけでなく、コスト監理と現場監理もしてもらわないといけません。Tさんは、現場監督を何年かされた後、地元で古くからやっている輸入住宅会社を社長さんと2人で立ち上げ、独立し分離発注で家を建てるようになって10年だそうで、その点も安心だと思いました。


スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

15 : 19 : 12 | T建築設計事務所 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
T建築設計事務所に行く
2007 / 06 / 13 ( Wed )
T建築設計事務所に勇気を振り絞って電話してから数日後、実際にお会いしに行きました。
電話ではいい感じにお話出来たけど、実際どうなんだろう…何だかんだ言って結局私達の予算じゃ無理だったらどうしよう…設計料って高い?などなど期待と不安入り混じった気持ちでした。

近くまで行けたものの、道に迷ってしまった私達を迎えに来てくれた建築家のTさんは、腰が低く丁寧で、電話の時以上に「あぁ、やっぱりいい人そう」とホッ…。
事務所で過去の詳しい施工事例や分離発注について説明してもらい、また家に関する色々なお話を聞いて、一度プランを作って頂く事にしました。

私達が伝えた要望は
・1階にリビングと寝室(ベッドを3台置ける広さ)
・寝室から洗面、お風呂へと廊下を挟まず直接行ける
・お風呂は1620タイプ
・リビングか寝室からスロープで駐車スペースに行ける
・キッチンは対面
・窓は木製サッシのダブルハング
・床は無垢のフローリング、車椅子を使用するので出来れば硬い方が良い
・外壁は出来れば塗り壁
・リビングだけでも珪藻土を使いたい
・駐車スペースは2台
・2階にベランダやバルコニーはいらない
・とにかく1階で全て生活出来るようにしたい
・2階は子ども部屋、あまりこだわらない
・オール電化

(…簡単に言ったつもりでしたが、書き出してみると結構多いですね)
要望を伝えた上で、気になっていた予算についても聞きましたが、設計監理料・諸費用込みで何とか収まりそう。がやはり厳しいので、ドアや窓枠の塗装作業など出来る事はして貰うかも…と。「もう何でもやります、何だったら自分で壁も塗りますっ」と思いました。

その後事務所のすぐ隣がTさんの自宅兼モデルハウスという事で、見学させてもらいました。
レンガと杉板張りが印象的な外観。玄関からリビングは大きな吹き抜け。
Tさんの家で使われているオークのフローリングやマーヴィンの木製サッシなどについて説明してもらい、キッチンまで見学させてもらいました。
「お客さんの家ではなかなか出来ない、やってみたかった事を実験的に沢山取り入れた」と楽しそうに語るTさんのお家は本当に素敵でした。
また、近所で建築中のお宅も見学させてもらう事に。ラップサイディングの外観、大きなデッキにぐるっと囲まれているそのお宅はひときわ大きくドーンと目立っていました。家中の壁、天井が珪藻土の塗り壁でご主人が自分で塗られたとか。とても綺麗に塗られていて驚きました。
ここでも丁寧に色々と説明してもらい、結局3時間近くお話し、プランが出来上がる2週間後にまたお会いする約束をして帰りました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

12 : 35 : 06 | T建築設計事務所 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
建築設計事務所との出会い
2007 / 06 / 05 ( Tue )
土地は決まったものの、ハウスメーカー選びもうまく行っていなかった私達。
期限も迫っており少々焦ってきた時、私はふと、あるHPを思い出しました。
以前、私達が住んでいる地域で施工可能な輸入住宅を調べていた時に見つけた、ある建築設計事務所。その頃は「建築設計事務所=敷居が高い」イメージだったので「ふーん、こんな所あるんだ…」位にしか思っていなかったのですが、HPを改めて見てみると、無垢のフローリングに木製サッシ、輸入キッチン、レンガ張りの外壁など素敵な施工事例が載っていました。
「何だかよさそう…でも高いんだろうなぁ~。それに分離発注って何だ?」
興味はあるものの、どうしても「建築設計事務所」何ていうと、プライドの高そうな建築家がデザイン性の高い「作品」としての家を作る、そしてめっちゃ高い!というイメージがありました。

でもどうしても気になる…ので、勇気を振り絞って一度電話をする事に。
(予算を言った途端、鼻で笑われたらどうしよう)なんて考えながら電話をすると出たのは建築家のTさんでした。
私はHPを見た事を伝え、土地は決めてしまったのであまり時間がない事、簡単な要望と私達の家にかけられる予算を伝え、「諸費用込みでこの金額しか出せないが、施工可能か」と聞きました。
いきなりの電話で失礼だったと思いますが、Tさんの返事は、期限も金額も「ギリギリだけど大丈夫」でした。何より、Tさんの丁寧な喋り方がとても「いい人」そうだった事にホッとした私は、次の土曜にお会いする事を約束しました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

12 : 17 : 13 | T建築設計事務所 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。