スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
フレーミング完了・電気打ち合わせ
2007 / 07 / 22 ( Sun )
あっと言う間に家の形が出来上がっていました。
雨にも少し降られてしまいましたが、もう殆ど乾いていました。
大した事なくて良かったです。



2007_0720(003).jpg

今日は現場で電気関係の打ち合わせでした。
建築家Tさんと電気工事の方とスイッチやコンセントの数、位置を決めていきます。
実際に家具を置いて生活する事を想像しながらですが、難しかったです。
こればっかりは住んでみないと、ですね。
そして今悩んでいるのがスイッチです。
今の主流はスイッチ自体が大きくてポンと押すタイプの物。
こっちの方が便利で使いやすいのは分かっているんですが、何か存在感がありすぎて…。
昔からのシーソータイプの方が見た目好きなんです。自分でかわいいスイッチプレートも付けられるし。
けれど夫もTさんも、でっかいスイッチ派。今すぐに決めなくてもいいので、保留にしてもらいました。

2007_0722(011).jpg

キッチンからリビングを見たところです。
電気打ち合わせをしていると、ツバメの夫婦が家に出たり入ったり…。
「やばいな~」とTさん。巣作りの偵察に来ているそうです。
ツバメの巣は縁起が良いと言いますが、一度出来ると毎年来ますからね…。
Tさんのお家はツバメを狙って蛇が出るのでツバメは厳禁とか。

2階にも初めて上ったのですが、夫がいきなり「このドア、開き戸じゃないの!?」
夫の書斎(兼物置)のドアは引き戸になっていたのに、今頃気付いたようで…。
「え~~引き戸~?何で~?」って、今まで散々図面とにらめっこしてたくせに、今頃何言ってるんですか…。
どうしても嫌だったらしく、Tさんに言ってみたところ、ギリギリ変更できそうです。
分かっているようで分かっていなかったり、私もいちいち確認しないので、これからもこんな事ありそう…。
スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

19 : 13 : 10 | 上棟 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<玄関ドア・窓が入りました | ホーム | フレーミング開始>>
コメント
--初めまして--

ななポンさん、初めまして。
うちのブログに書き込みありがとうございます。
こちらへは時々お邪魔させて頂いてました。

家の建築が着々と進んでいるんですね。
実は私も輸入住宅に憧れてまして
アンの家が第一候補でした。。
歳甲斐もなくカントリー雑貨などが好きなのでアメリカンに憧れていました。
ななポンさんの家はどんな風になるんでしょ?
拝見していて私も楽しみになってきます。
これから時々お邪魔させて頂きたいと思っています。

初めてお邪魔して勝手なんでがななポンさんのブログをリンクさせて頂きました。
これからもお付き合いよろしくお願いします。
by: 公太 * 2007/07/22 22:42 * URL [ 編集] | page top↑
--コメント&リンクありがとうございます--

公太さんは「アンの家」がお好きなんですね。
白いラップサイディングとダブルハングが素敵ですよね。「アンの家」を建てる方は、インテリアのイメージも統一されているので、よく参考にしていました。
私の家は…ナチュラルカントリーって感じになるのかな?
木の質感が生きる、ちょっと可愛らしい家にしたいなぁ、と思っています。

私も公太さんのお家が出来るのを、楽しみにしていますね。
リンクもさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。

by: ななポン * 2007/07/23 16:45 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます--

ななポンさん、リンクありがとうございます。

あ、私もナチュラルカントリー好きです。
室内は無垢の板張りでキッチンも白とナチュラル色を、ホーロー雑貨とパッチワークの似合う家、なんてのが夢なんです。
アンの家は諦めたのでせめて近いイメージにと考えてます。
by: 公太 * 2007/07/23 18:14 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yunyuujuutaku.blog105.fc2.com/tb.php/32-c44b011d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。